So-net無料ブログ作成
検索選択

時をかける少女 [映画]

一昨日桜木町の駅前に出来たブルク13にて

70年代…良く作ってるな〜
(ちなみにぴおシティの地下がチラリと映ります 何も手を加えてないような…)

ケン・ソゴルは石丸幹二がやってます。
これがなかなかいい感じ。
(中学生のケン・ソゴルは加藤康起 昔の少年ドラマシリーズでのケン・ソゴルに
 雰囲気が似ている。)

主人公の平成版"時をかける少女"が仲里依紗
筒井康隆原作の「時をかける少女」の主人公の娘という設定で
母親が高校1年生だった1974年に時をかける。その高校生自分の母親
(昔の映画では原田知世がやった役)に会ってケン・ソゴル(深町一夫)の
手がかりをつかもうとするわけですが…
ちょっとこの母親の少女時代の方が平成の子って感じですよ
(石橋杏奈 撮影当時は15〜16ぐらいなので、ほぼ実年齢と同じなので制服に違和感が無い)
顔が小さくてスラリとしてて、仲里依紗と並ぶと仲里依紗の方が昭和の子って感じに見える。
仲里依紗、好きな女優だけどこの映画の主人公はちょっと違うかな〜

途中まではこの映画は「時をかける少女」じゃなくてもいいんじゃないか?と思って
見ていたけれど、ケン・ソゴルが出てきてからは時をかける事のせつなさが
うまい具合に描かれていて、やっぱり「時をかける少女」だな〜という感じ

余談 母親の通ってる高校は外人墓地にあった。


ブルク13 ポイントカードがありません。
映画関係者が使えるはずのカードも使えません。
東映、強気だな〜
せいぜい、おきばりやす。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

さんぱち

少年ドラマシリーズ見てました。
「タイムトラベラー」でしょ!!
ケン・ソゴルは切れ長の瞳の青年でしたよね~。
ねこみちさん、もーしかしたら同年代でしょうか(笑)

横浜が舞台なのですか。見に行ってみようかしら。
by さんぱち (2010-03-22 21:51) 

ねこみち

さんぱちさん
そうです〜「タイム・トラベラー」もう1度見てみたいドラマですが
不可能なのがとても残念。
同年代かも知れませんね(笑)

東京が舞台なんですが中学を卒業した芳山和子は引っ越していて
横浜の高校に通っています。元町公園を降りた辺り外人墓地の門と
梅林、Paseoがある道を俯瞰で撮ってました。
by ねこみち (2010-03-23 10:26) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。