So-net無料ブログ作成
検索選択

アバター [映画]

先週の木曜日 川崎109にて
吹き替え版のIMAXはこの日が最終日だったので、行ってきた。
(眼鏡かけてその上3D眼鏡かけて字幕追うのはさすがにキツイ)

宮崎駿テイスト満載
面白い。
(でもこういうSFものはアカデミーは絶対とれないんだよな〜
 キャメロンも別に執着してないだろうけど)

主人公のジェイク(サム・ワーシントン)が
ナヴィの世界にのめり込んでいき、現実世界では動かない足を手で動かして
車椅子で移動する時、やせ衰えた(老人のような)足が映るのが
すごくリアルで(合成なんだろうけど)ちょっと胸に来るものがあるんだけど
(CGのナヴィに関してはやっぱり限界があって、良く作ってるけど
 筋肉の動きとかが見ていて「う〜ん惜しいな」と思ってしまう)
そういった哀しさに深入りしないのが、キャメロンなんだよな

それにしても22世紀という設定なのに、服装は現代とほとんど変わらないというのは
どうなのか(サロゲートもそうだった)
未来的ファッションっていうのが、ヘタすると古くさくなっちゃう…というのが
今のハリウッドの考え方なんだろうか

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。