So-net無料ブログ作成

ブッラータ [食]

いつも行くスーパーでヨーグルトの容器みたいなもの(500mlパックの)に入っているチーズを
売っていて、ブッラータなる聞いた事のない名で、どうやらイタリアからやってきたチーズ職人が
北海道に移住して作っているというものだった。
ちょっと安くなっていたので試しに買ってみました。

chee01.jpg


お店の人の話だとチーズの中に生クリームのようなものが入っているらしく
オリーブオイルと塩をかけて食べるとうまいとか
やってみました。(+黒胡椒で)
うまい
さっぱりしてます。





chee02.jpg

甘いものと合わせても美味しいと思います。ジャムとか桃とか無花果とか

ファットリアビオ北海道という所で作っているようです。
あまり他で売っているのを見かけた事がないな

nice!(0)  コメント(0) 

豆松カフェ 2 [雑記]

mame005.jpg

間門の「豆松カフェ」
奥の座卓を置いてある座敷の部屋 欄間に竹の模様が彫られているのが
おわかりになるでしょうか
その手前、額が飾ってある欄間には別の模様が彫られています。




mame012.jpg

梅と松ですね
松竹梅と揃っているわけです。




mame011.jpg

襖には梅の絵があり




mame015.jpg

引き手は梅の形をしています。細かい所まで凝ってます
昔の建物は遊び心があっていいですね。




mame009.jpg

門扉にも梅らしき意匠があるのでこの家の家紋は梅かな?と思ったのですが
良く見ると花びらが4枚 梅じゃなくて木瓜のようです。



mame013.jpg

昔、使われていたものでしょうか
壁には長刀が数本飾ってありました。




mame014.jpg

電灯の笠
これはアザミみたいですね 趣があります

のんびりしたい時に行くといいと思います。
本牧間門の信号の近く 横断歩道を渡って脇道に入るとすぐです。
盆栽の相談にものってくれるようですよ








nice!(0)  コメント(0) 

豆松カフェ [食]


mame001.jpg

近所に古民家カフェが出来たと聞いて出かけてみました。
三溪園へ行く際 裏門がある方を目指して行く道の途中にありました。
バス通りからさして離れていないんですが、住宅地の中にあって
ちょっとわかりにくいかも知れません (しかし それが返っていいのかも 隠れ家っぽくて)

金曜日は和食の限定ランチをやっているようなんですが、不定期なようで
今日はやっていませんでした。狭山紅茶と抹茶白玉をいただきました。
白玉の他にアイスクリームと粒あんとコーンフレークが入ってるんですが(あと黒みつ)
お砂糖がかかったコーンフレークがアクセントになっていて美味しいです。

紅茶はポットで出て来ます。
(この写真だけ携帯で撮影したのでピントが甘くなってしまいました)





mame002.jpg

椅子席が空いたので、「お庭が見える席にどうぞ」と勧められて移動しました。
戦前の建物らしく意匠がところどころ凝っています。




mame003.jpg

お庭も和風です




mame007.jpg

建物の周りをぐるりと緑に囲まれてるせいか、大きい道路が近いのにとても静かです。
今日は涼しかったせいか窓を開け放っていて 自然の風が感じられ
ゆったりした時間が過ごせました。



nice!(0)  コメント(0) 

エロール・ル・カインの魔術展 [雑記]


cain.jpg

先月そごう美術展でやっていた「エロール・ル・カインの魔術展」
最終日に行って来ました。

昔、輸入絵本やおもちゃを売る仕事をしていた事があるんですが
ル・カインの絵本はコンスタントに売れていて「おどる12人のおひめさま」や
「いばらひめ」「1993年のクリスマス」は定番商品でした。

今回の展覧会ではまだ十代の頃の作品なども見る事が出来て
(ディズニーのようなアニメーション作品を個人的に作っていたようです)
アカデミックな勉強をしていないル・カインが、徐々に洗練された絵を描くようになる様が
わかります。

シンガポールに生まれたル・カインはアジアとヨーロッパの血を引いていますが
イラストレーションも東洋と西洋が入り交じった独特の絵柄で、お話によっても
タッチを変えて描いていたようです。

今回の展覧会では出口近くにル・カインの絵本が並べられていて
椅子に座って読めるようなコーナーが設けてあり何冊か読んでみました。
こんな話だったのか〜と(今さらですが)当時を振り返って
懐かしかったんですが、子どもよりも大人が何冊も抱えて読みふけっているのを
見て何やら微笑ましい気分になりました。

47歳という若さで亡くなっているのが残念なのですが
ル・カインの絵本は何年経っても色あせる事なく
読み継がれていくでしょう。


cain2.jpg

おみやげにいろいろ買いました。
家人に猫柄のメガネ拭きを買って帰りましたが受けてました。

nice!(0)  コメント(0) 

横浜市の給食問題 [食]

昨日、TwitterのTLをにぎわしていた横浜市の中学校給食問題
なんだろうな?と思ったら昨晩の「TVタックル」で、議題として取り上げられていたらしい。
正直まだ中学はお弁当なの!?とビックリした。
私の子どもの頃、中学はお弁当持参で給食というのは小学校までのものだと思っていた。
しかし、高校に進学すると横浜市外の市から来ている子(藤沢)から中学は給食だったと聞いて
初めて中学でも給食があるのかと驚いた。
その子の話では給食センターから運ばれてくるので、ぬるくなっていて
そんなにおいしいものではなかったという話だった。
給食センターなるものも初めて聞かされて、給食と一口で言ってもいろいろあるものだなぁ と
記憶している。
私の通っていた小学校は新設校だったので、1年生の途中まではお弁当持参
それから学校に給食室が出来たので、いつも温かいものを食べていたし
とても美味しかった。
好き嫌いが無かったせいもあるけれど、食べられないものは無かったし
学校の方針も食べられるまで休み時間なしとか残しちゃダメとか決まりも無かったし
給食に関しては悪い思い出はまったく無い。

だから何で中学で給食を出す事に反対する派があるのか理解できない
件の番組を後で見てみたが、弁当を持たせる事が愛情とか
"愛情弁当"と言う言葉を中田元横浜市長が持ち出してきた事にたいへん驚いた。
(コメンテーターとして給食反対派としてコメントしていた)
そしてどうやらコスト的にたいへんだから 赤字を増やしたくないから という事を
どうやら中田元市長は言いたいようなのである。
はぁ?
横浜市民の皆さんは開国博が大失敗に終わり大赤字を抱え
その責任を追及される段になると、任期途中なのにもかかわらず
彼がケツをまくっちまった事をまだ覚えておいでですよね?
ちょっと調べたらこのブログが詳しく書いてましたわ

いやもう突っ込みどころ満載というか、反対派のコメンテーターが何故あなたが?という人ばかり
しかし、横浜市民の半分近くはこういう人たちなのでは?とも思える
何故なら私もきのう"よこはまにも中学校給食があったら「いいね!」の会"というのがあって
今まで市に陳情したり活動をしていた事を知ったわけで
独身世帯や、子どもの居ない世帯、子どもが居ても家庭のことはノータッチの男性は
知らない人の方が多いのでは?

実際、私は中学生の頃親が共働きで給食があったらいいなと思っていましたよ
たま〜にイレギュラーで「え!今日お弁当要るの?」って日があって
お金持たされたりしても、購買部があるわけじゃなし
近所にお店があるわけじゃなしという場所に学校があったので、お弁当を持って行けないと
悲惨でした。
まぁ現代じゃコンビニとかあちこちあるし、こんな事稀でしょうけど

横浜は待機児童0と謳ってますけど、これってお母さんにも働いて欲しいって事ですよね
だったらもっと協力してやりゃいいじゃないですか
朝晩"愛情"かけてご飯作ってるんでしょうし、昼ぐらい給食でいいじゃないですか
子どもも中学になってやっと手がかからなくなって、仕事バリバリやるぞ〜っと思っても
今度は弁当作りという仕事が増えるわけですか
そのうち親の介護という問題も出てくるわけですよ
働きたいと思ってもフルタイム働けなきゃ、女性にとって住みたい市じゃ無いですよね
(それに加えてゴミ分別という枷もある)
これじゃ子ども産もうって気になれないでしょ?

愛情弁当持たせたいなら持たせればいいと思うんですよ
で、給食がいいという人は給食を選択できるようにする それでいいじゃないですか

民間業者に委託して弁当を配達させるという事を市は考えているようだけど
川崎でも大阪でも不評という失敗例があるのになんでこんな方向に行こうとするんだろう
市民が求めてるのは給食でしょう?
なんで頼んでもいない配達弁当なのか
(なんか癒着でもあるのかと勘ぐってしまう)

この朝日の記事を読むと
学校に給食室を作ると約260億円かかり給食センター方式の施設整備にすると約330億円かかるらしい
で、配達弁当だと施設整備費が30億円に抑えられるらしい コストを抑えられるからという理由で
給食反対なわけで配達弁当推奨なわけだ。

市民の幸福には寄与する気が無いのかね?何のための市政なのか

番組の中で中田元市長が"愛情弁当"という事を言っていたが
そして他の反対派のコメンテーターも手作りの弁当にこだわっていたが
じゃあ何故小学生は給食なのか?
小学生に"愛情弁当"は必要じゃなくて、中学生には"愛情弁当"が必要なのかね?
逆ならまだ理解できるが(幼いうちは好き嫌いも多いだろうし)

我が家では子どもは居ないですけど、中学校に給食室作るのに
税金使うのは賛成しますよ
そしてコストの問題は根本的な見直しをすればもっと抑えられるのでは?
働きたいけど仕事が無いという人も居るだろうし
横浜で農業やっている人も居れば後継者不足で悩んでいる人も居るだろうし
発想の転換をすれば解決できるような事だと思えるんだが…

この問題はもっと衆知されるべきだと思うし、横浜市は市として根本的な事を考えるべきでは?
このままでは、そのうち高齢者ばかりになり若い世代は他の都市へと移り住むようになるだろう





nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:学校

長野 [雑記]


biig001.jpg

年末 全日本フィギュアスケート選手権を見に長野へ行っていました。
ビッグハットです 長蛇の列



zen003.jpg

最終日
エキシビションが始まるまで時間があったので善光寺へ参りました。




zen002.jpg

雪が降っていましたが人出が多く、お昼にお蕎麦でもと思っていましたが
どこも満員でした。



zen001.jpg

古そうなホテルに入っていたフレンチレストランがリーズナブルなのに美味しそうだなと
思ってドアを開けましたが、待っている人が大勢居てあきらめました。
結局自然食のバイキングレストランに入ったんですが、わりと美味しかったです。
ここも2階が宿になっているようでした。
外国人の観光客が多いですね

おみやげはホテルに売りに来ていたリンゴと新蕎麦
あと自分用にホテルで使っていた枕 ホテルの売店で売っていたので買って帰りました。
(フェザーの面とそば殻の面とが裏表になっていてたいへん良く眠れたので)
松代のホテルだったんですが、朝食が和洋中のバイキングでとても美味しかったです。
観戦中はほとんどちゃんとした食事は出来ないので
(夜帰って来ても遅すぎてどこも開いてませんから、カップ味噌汁とかでしのいでました)
朝しっかり食べられるホテルは本当にありがたい。
ここは温泉もあって夜中や朝早くでも入れたのが良かった。
会場のビッグハットからはちょっと遠いんですけどね








nice!(1)  コメント(0) 

ご挨拶 [雑記]


nenga2015.jpg


あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします


nice!(0)  コメント(0) 

根岸なつかし公園 旧柳下邸 [雑記]

yanagisita003.jpg

根岸にある旧柳下邸を見に友人と行って来ました。
旧柳下邸は明治初頭から横浜の弁天橋で銅鉄引取商「鴨居屋」を営んでいた柳下家の建物で
日本家屋と洋館が繋がっている当時の流行のスタイル。

洋館は大正の大震災後に建てられたもので主に読書などに使っていたとか
接客や普段の生活は日本家屋でしていたようです。

蔵もあり日本家屋の廊下から直接蔵へと続いている不思議な造りで
黒漆喰など珍しい技術も使われていて、貴重な体験が出来ます。



yanagi002.jpg



yanagi003.jpg



yanagi004.jpg



yanagi001.jpg


*邸内の撮影は許可を得れば出来ますがWEBへの掲載は認められません。

nice!(0)  コメント(0) 

名古屋・長久手 [雑記]


rurupo1.jpg

京都の前日 名古屋で、アイスショーの前に安藤美姫さんのご親戚がやっておられるという
"る・るぽ"に寄ってみました。ドアを開けると入り口付近には安藤さんの写真がいっぱい
飾ってあります。店内は昔ながらの喫茶店という感じ


ebifly.jpg

海老フライ定食です。
ドレッシングがとても美味しくて印象に残ってます。もちろん海老フライも美味しかったですよ
防寒のためにコートとか膝掛けとか大荷物を持っていたらお店の方から
「これからモリコロ?」と声をかけられました。
さすがばれてる(笑)


morikoro001.jpg

ショーの会場があるモリコロパークです。
ご存知無い方もおられると思いますが、モリコロは名古屋では無く
長久手市という所にあります。名古屋駅から地下鉄に乗り途中リニアに乗り換えますが
車窓の景色がどんどん緑ばかりになります。"長久手古戦場"という名の駅もあったり
一気に頭は戦国時代に さすが愛知(?)


morikoro002.jpg

毎年ここで 戦い済んで、ちょっとリラックスモードのスケート選手たちが
にこやかにリンクで滑っているわけです。

nice!(0)  コメント(0) 

平安神宮 神苑2 [雑記]

matchakin.jpg

神苑入り口そばの西神苑から蓮の咲いている大きな池を過ぎると
お茶屋さんがあります。この日は猛暑日でただ歩いているだけでも熱中症になりそうでしたので
氷抹茶金時で涼をとりました。さすが京都 抹茶が美味しいです。



sinen005.jpg

栖鳳池沿いに建てられている尚美館



sinen003.jpg

橋殿「泰平閣」



sinen004.jpg

中央から見た泰平閣の様子



sinen002.jpg

泰平閣から見た尚美館



sinen001.jpg

池端から見た泰平閣
屋根の真ん中に鳳凰がいます。



nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。